スキンダイビングとは

スキンダイビング (skin diving) とは、スキューバダイビング器材などの水中呼吸装置を使わず自分の息だけで潜水することで、素潜りともいわれています。

一般的に素潜りは、漁師による伝統的な漁業など、特に何も器材を装備しないか、単純な水中めがねのみを使用して生身の身体に近い状態で行う原始的な潜水としての意味合いが強いのに対し、スキンダイビングは、マスク、スノーケル(シュノーケル)、フィン(足ヒレ)などの器材を使用するマリンとしての意味合いが強く、素潜りとスキンダイビングの違いは明確に定義されているわけではありません。

スキンダイビングより競技性の強いものはフリーダイビングと呼ばれています。

どちらもスノーケル(シュノーケル)を使用するスキンダイビングとシュノーケリングの違いは、スキンダイビングは水中に潜って楽しむマリンスポーツ、シュノーケリングは水面に浮かんで楽しむマリンスポーツです